クレジットカード現金化を疑われた時の対処法

クレジットカード現金化を疑われた時の対処法

急な現金需要が生じ、借り入れなどによる現金確保がどうしても望めない時、クレジットカードにショッピング枠が残っていればこれを現金化して資金を得ることも可能です。

しかしクレジットカードの現金化はカード会社の規約に違反する行為ですので、発覚すると強制退会処分にまで発展してしまうリスクの高い行為でもあります。

カード会社も現金化をけん制するために必要な監視を行っているので、現金化の可能性を疑うとカード利用者に接触してくることがあります。

この場合でも正しく対処すれば大事にならずに済むので、本章ではカード会社に現金化を疑われたときの正しい対処の仕方についてお伝えします。

カード会社が現金化を疑うタイミングと接触方法

カード会社が現金化を疑うタイミングと接触方法

カード会社が現金化を疑うタイミングと接触方法を詳しく説明します。

クレジットカードの利用者としては、カード会社側でどのような仕組みで現金化を疑うのか、システム的な側面を理解しておき、かつどのようにコンタクトしてくるのか、相手の出方を予想しておくことが大切です。

キャッシング枠が無い状態で換金性の高い商品を購入するなど、カード現金化にありがちな取引はシステム上で監視されており、利用者に十分な信用が無い場合は個別に担当者が電話をかけて状況を確認しようとします。

その際に聞かれるのは、概ね以下のような項目です。

  • 他人による不正利用ではなく、この商品は確かにあなたが購入したものですか?
  • 購入した商品について詳しく教えてください
  • 何のためにその商品を購入したのですか?
カード会社からの接触は必ずしも現金化を疑っているとは限らず、普段とは違う購買行動が見られた場合は、他人による不正利用を疑って利用者に確認の電話が来ることもあります。

ヒアリングによりまずは不正利用の可能性を排除したうえで、現金化のケースにありがちな要素を探ってきます。

現金化目的で商品を購入する場合、利用者は商品には興味が無いので詳細を把握していないことも多く、また購入目的も明確に持っていません。

そこでそのような点を探って問いを投げかけてきます。

こうした問いかけをされた場合は、相手が現金化を疑っているんだな、と捉えることができます。

では、次の項からはこうしたカード会社からの接触に対する対応方法について見ていきます。

現金化を疑われた時の具体的な対処方法

現金化を疑われた時の具体的な対処方法

現金化を疑われた時の具体的な対処方法を詳しく解説しています。

カード会社に疑われた時の対処法についてはいくつかポイントがあるので、以下でそれぞれ見ていきます。

カード会社からの連絡は無視しない

実際に現金化をしてしまっている場合、カード会社からの連絡は極力対応したくないのが心情でしょう。

単に支払い遅延のお知らせやランクアップ等の宣伝告知の連絡という可能性もありますが、カード会社からの連絡は大概良い知らせではありませんから、現金化をしているのであれば、後ろめたさから「疑われてる!?」と直感で感じるのは当然といえます。

心情的には気づかないふりをして逃げ切りたいところですが、この対応はかえってよくありません。

もし本当に現金化を疑って連絡をしてきたのであれば、利用者が対応しないことによって益々疑いを強めますし、カード会社側の判断で一方的に利用停止処分になってしまう可能性もあります。

最初の電話にはビックリして出られなかったとしても、一旦体制を整え、話すべきことを頭で整理してからかけなおすことをお勧めします。

そして、電話口での対応にもポイントがあるので、以下を参考にしてください。

「現金化」のワードは出さない

まずは自分から「現金化した」と白状することは絶対にしないでください。

相手はただ疑っているだけですから、確証があるわけではありません。

あなたが自分から白状してしまったらもうアウトですので、取り返しが付きません。

また白状するわけではなくても、会話の中で「現金化」というワード自体を絶対に使わないことも頭の中で強く意識します。

例えば、「えっと、、自分は現金化とかしていませんが、、」などと言っては絶対にいけません。

普通の人は「現金化」という言葉は知りませんので、知っているということはやっている可能性が大いにあると思われてしまいます。

仮に相手が「現金化ではないですか?」などと水を向けてきても、「現金化ってなんですか?」と切り返すようにします。

購入したこと自体は認める

カード会社からの急な電話接触にびっくりして、「〇〇はあなたが購入したものですか?」と聞かれた時に、とっさに「いえ、違います」などと返してしまうと大変です。

利用者本人が購入を認めないということは、他人による不正利用ということになるので、カードの利用を止められてしまいます。

購入したこと自体は認めつつも、下で述べるようにそれが現金化目的ではないということをうまく説明し、相手の納得を得なければなりません。

説明用の購入目的を考えておく

商品の購入意図を聞かれた時の説明についても上手な言い訳を考えておきます。

商品の購入目的を聞かれた時、「プレゼントとして友人に送った」などの説明ができるようにしておきましょう。

妻や子どもなど家族へのプレゼントという言い訳も考えられますが、その場合、物によってはプレゼントした商品はまだ家庭内にあることになります。

そうなると、「ではその商品の色や形、製品番号などの詳細を教えてください」などと突っ込まれる可能性があります。

ですから、用意する言い訳としては、友人へのプレゼントなどのように手元に商品がないと捉えられる説明を考えておくのが安全です。

それでも、自分で購入した商品について全く知らないというのは不自然ですので、商品の種類や性質、色形など、できるだけの情報をメモ等に書き留めて残しておくとより安心です。

一度疑われたら現金化は控える

一度現金化を疑われたら、いつも以上に厳しく監視されることになるので、以後は現金化のリスクは相当高まります。

同じような購買行動があれば即利用停止処分を受けてしまう可能性もあるので、一度でも疑われたら、その後は現金化を控えることを強くお勧めします。

そもそも現金化を疑われないようにするには?

そもそも現金化を疑われないようにするには?

そもそも現金化を疑われないようにするにはどうしたらいいのかを解説しています。

一度でも現金化を疑われると、利用者の信用状態は非常に悪くなると考えてください。

現金化はそもそもハイリスクな手法ですが、少しでもカード会社に疑われないようにする配慮も必要です。

カード現金化を考える際は、以下の点を心がけてください。

購入する商品選択に配慮する

買取型による商品転売のスタイルで現金化を行う場合、少しでも手元に入る現金を増やすために、換金性の良い商品を目標にすることになります。

カード会社ではこの点に目を光らせているので、換金性の高い商品が短期間に複数購入された場合、現金化を疑う理由になります。

換金性の高い商品を購入する際には個数を少なめに、また短期間に繰り返さないようにします。

新幹線の回数券は居住地で使えるものにする

現金化に利用されやすい新幹線の回数チケットなどは、自分が住んでいる地元で使えるものだけを購入対象にしましょう。

全く関係ない遠方のチケットだとカード会社が疑いやすく、また何のために購入するのか言い訳が難しいからです。

一回程度であれば「友人や家族のために購入した」という言い訳もできますが、繰り返すとそれもできなくなります。

キャッシュバック型を利用する

転売スタイルとなる買取型は換金率が良いメリットがありますが、どうしてもカード会社に目を付けられやすいので、キャッシュバック型の現金化も検討してみましょう。

キャッシュバック型は換金性の高い商品を取引対象にしないので、カード会社から目を付けられるリスクは買取型よりも下がります。

キャッシング枠に余裕を持たせる

現金が必要なシーンを考えると、キャッシング枠がすでにないことも多いですが、できれば日ごろからキャッシング枠には余裕を持たせておくと、現金化を疑われるリスクをかなり下げることができます。

現金化をする人の特徴としてすでにキャッシング枠を使い切っている人が挙げられますから、この状態にならないように日ごろから配慮しておくと、いざという時に多少のショッピング枠を現金化しても疑われるリスクを相当下げることができます。

まとめ

本章ではクレジットカードの現金化をカード会社に疑われた時の対処法について見てきました。

現金化を実行した人の多くはクレジットカード会社からの電話にでるのは躊躇すると思いますが、初回の接触電話をスルーすること自体はあながち間違いではありません。

準備ができていない状態で電話に出てしまいぼろを出すよりも、一旦スルーしたうえで体制を整え、こちらから折り返しの連絡を入れれば問題ありません。

相手方担当者が現金化を疑っていれば、説明してきたような質問を受けますから、受け答えを練習したうえで上手に対応できれば問題ありません。

ただ、一度疑われたわけですから、その後は現金化をしばらく控えるようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です