クレジットカード現金化を少額で行う方法と注意点

クレジットカード現金化を少額で行う方法と注意点

個人の現金需要に関しては、必要となる事情はもちろん必要金額も人それぞれです。

一般的な借金ももちろん少額で済むに越したことはありませんが、クレジットカードの現金化はリスクのある行為ですから、なおさら少額で行う方がリスクを避けられます。

本章ではクレジットカード現金化を少額で行う方法や注意点等について取り上げて解説していきます。

クレジットカード現金化を少額で行うには?

クレジットカード現金化を少額で行うには?

クレジットカード現金化を少額で行う方法について解説しています。

現金化の仕組みを考えると、残念なことに利用者が望む金額を細かく指定して進めることができないようになっています。

具体的には、現金化の下限額があることと、細かい端数設定ができません。

現金化業者を利用する場合、他社取り扱い商品の場合は自由に商品値段をコントロールすることができませんし、自社で扱う商品を取引対象にする場合は業者側が商品の値段をあらかじめ設定しています。

基本的に業者側が決めたルールの中でしかサービスを受けられないので、利用者側の自由度は無いと思ってください。

そのうえで、ほとんどの現金化業者では下限額を設定しており、多くは1万円が下限となっています。

ですから基本的には、少額といっても1万円以下の現金化は望めません。

中には下限が3万円~、あるいは5万円~といった業者もいますので、少額の現金化を望む場合は、自分が考えている金額を扱える業者を探す必要があります。

また千円以下の単位の細かい端数までの金額設定にはまず対応してもらうことができませんので、この点も理解しておく必要があります。

少額でクレジットカード現金化するメリット

少額でクレジットカード現金化するメリット

少額でクレジットカード現金化するメリットを解説しています。

現金化を少額で行うことについては、以下のようなメリットがあります。

カード会社に怪しまれにくい

カード会社は常日頃からカード現金化を監視していますから、その人のこれまでのカード利用の傾向や信用の厚さなどから、疑わしい事案を察知するとコンタクトを取って事情を聴取したり、場合によってはカード利用停止や強制退会処分となってしまうこともあります。

カード現金化では、できるだけ手元に残る現金を増やすために高額の商品が取引されることが多いので、この場合はカード会社の目に留まりやすくなります。

少額の取引であればカード会社側のリスクも大きくないので、監視の目を当てられにくくなります。

カード初心者でも現金化できる

クレジットカードを持ったばかりの人や、まだ利用実績が少ない人、あるいは収入が少ない人などは、カード会社から設定されるショッピング枠が少ないことも多いです。

このような初心者の方であっても、少額ならば小さな枠内でも現金化を実施することができます。

少額現金化における注意点

少額現金化における注意点

少額現金化における注意点を解説しています。

少額現金化は、基本的にはカード会社の目に留まりにくく安全性を高めることができますが、いくつか注意すべき点、気に留めておくべき点があります。

以下で確認していきます。

同じ商品を続けて購入しない

いくら少額でも、同じ商品を繰り返し購入すると、やはりカード会社も注視しますので疑われやすくなります。

現金化に利用される商品は換金率が良いなどそれなりの理由があるから利用されるわけで、これも一つのカード現金化の兆候を示すものです。

金額経由ではなく、購入傾向の面からカード会社に疑いをかけられやすくなるということです。

短期間に繰り返さない

取引自体の連続性に着目されて疑われることもあります。

少額の商品であっても、また種類の違う商品であっても、現金化に利用されやすい商品を短期間のうちに続けて購入すると、これもカード会社にとっては注意を要する取引として見られます。

現金化自体リスクが高い行為であることに変わりはないので、一度現金化を行ったら相当の余裕期間と取るようにしましょう。

▼現金化を疑われたと思ったら見るべき記事はこちら
クレジットカード現金化を疑われた時の対処法 クレジットカード現金化を疑われた時の対処法

カードの利用実績が少ない人は特に注意

カードを持ったばかりの人や利用実績が少ない人は、まだカード会社から十分な信用を得ていない状態です。

これまで長い付き合いがある人は、それなりの厚い信用を得ているので、多少の動きには事細かに事情聴取などの行動を起こしませんが、まだ信用が薄い相手にはちょっとした怪しい動きでも、すぐに連絡を取って事情を聴くこともあります。

まだ実績が少ない人は、自分は疑われやすいということを自覚して、利用回数はより少なく、金額もより少額にとどめる意識を持っておきましょう。

手元に入る現金がわずかになることも

カード現金化はその性質上ロスが生じますので、その分利用者は損をするということになります。

基本的に高額の商品になるほど換金率が高くなりますが、逆に少額商品だと換金率も下がるので手元に残る額はわずかになってしまいます。

例えば1万円程度だと、およそ65%~75%程度ほどに換金率が下がってしまうことが予想されるので、ロスが大きくなり、「損」を強く感じることになるでしょう。

またキャッシュバック型の場合、現金化業者は決済代行会社を使っているので、決済手数料も別途かかります。

こうした諸々の経費を引いて残った分が手元に入るので、それでも納得できるかどうか十分吟味する必要があります。

換金率アップの誘いには要注意

少額の取引では換金率が悪くなるので利用者側の納得度も下がりがちになりますが、現金化業者側の儲けも少なくなるので、うま味を感じにくくなります。

そこで、「もっと高額の取引にしてくれれば換金率をUPできますよ」などと誘いを受けることがあります。

利用者側もロスを減らして換金率を上げたい気持ちがあるので、せっかくならばとこれに応じてしまいそうですが、ここはぐっと我慢してください。

目の前に用意できる現金の額を増やすためにこれに応じてしまうと、後で大変になるのは利用者です。

現金化した後はカード会社にしっかり支払いをしなければなりませんから、下手に高額の取引に応じてしまうと後で困ったことになります。

返済ができなくなって利用停止などの処分になることのないように、無理な取引は絶対に行わないようにしてください。

まとめ

本章ではクレジットカード現金化を少額で行う方法や注意点などについて見てきました。

カード現金化ではその仕組み上、利用者が完全に任意の金額で取引を行えるわけではなく、業者側で用意した金額設定枠の中で選んでいくしかありません。

そのため少額取引に応じてくれる業者を選定しなければなりませんが、1万円未満の取引は難しいことと、千円単位以下の端数は調整できないことは覚えておきましょう。

少額取引はカード会社に察知されにくいとはいうものの、やり方によっては目を付けられることもあるので、やはり慎重さは欠かせません。

換金ロスが大きくなる点にも留意し、最終的に手元に入る金額に納得できるかどうか吟味が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です